オマール・ブルーや貝類、また、イタリア産ボッタルガやアンチョビなどの加工品をご用意しました。

甲殻類

フランス料理の代表的な素材であるオマール。鮮度を維持しつつお届けします。

貝類 フレッシュ

フランス・ブルターニュ地方より、良質な貝類を集めました。

魚類加工品

新鮮な魚類に専門の技術によって加工を施した商品です。

取扱ブランド

【ROUGIÉ ルージエ】

フォアグラのサプライヤーであるルージエでは高い技術を使い冷凍されたオマールエビを扱っています。

【DON BOCARTE ドン・ボカルテ】

ドン・ボカルテは、スペイン北部カンタブリア州北東の町サントーニャに1997年設立。サントーニャはビスケー湾で魚介類の缶詰産業発祥の地として知られています。サントーニャの伝統的製造方法を使い、多くの料理人が求める製品を造るために更なる改良を重ねてきました。

【DELFINO BATTISTA デルフィノ・バッティスタ】

デルフィノ家は、イタリア・カンパーニア州・ソレント半島の都市サレルノ近郊のチェターラという町にあります。50年来、現地の海岸産のカタクチイワシを使って、塩漬け、濃縮アンチョビ・エキス等などを作り続けています。ブランドの名“デルフィノ”は「イルカ(Dolphin)」の意味。海との関わり深い産業にたずさわり、完全に手作りで自然な商品の良さを示すシンボルとして、ロゴにイルカが選ばれました。

【LA TRUITE ENCHANTEE ラトゥルイット アンシャンテ】

ブルターニュ地方の大西洋に面したランムールという町に、約50年ほど前に創立。年間7,000kgのマスの卵を製造するほか、フィレやホールの販売も行っています。これらの商品は昔ながらのやり方で作られ、その大部分は手作業です。高い品質を誇るマスの卵は、パリの有名な高級食料品店等でも取扱われています。

【GROIX & NATURE グロワ・エ・ナチュール】

フランス、ブルターニュ地方南部に浮かぶ小さな島「グロワ島」にある、1999年創業の魚介類加工メーカー。朝、競りで仕入れるブルターニュの魚卸から原料となる魚介を仕入れています。シーフードをたっぷり使用し、魚介本来の味を存分に味わえる贅沢なリエットです。伝統の味をアーティザナルな製法で商品化。保存料、着色料、香料を一切使用せず丁寧に作っています。